reCAPTCHA v3を導入する方法

こんにちは!増田拓海です。

今回は、reCAPTCHA v3を導入する方法を紹介していきたいと思います。

結構前にreCAPTCHA v2の導入方法は紹介したのですが、v3ではフロントエンドの実装方法が結構変わっているのでv3の方も紹介していきます。

reCAPTCHAをPythonに導入してみる(v2)

フロントエンド

フロントエンドの実装ですが、jqueryとGoogleのreCAPTCHAライブラリが必要です。読み込んでいない場合は下記コードで読み込んでおいてください。

<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.3.1/jquery.min.js">
<script src="https://www.google.com/recaptcha/api.js?render=サイトキー">

次にフォームを準備します。今回は簡単に下のようなコードを使います。

<form action="cgi-bin/check.py" method="POST">
<input type="text" name="name">
<input type="submit" >
</form>



スクリプト

次にメインのスクリプト部を組んでいきます。

$(function() {
    grecaptcha.ready(function() {
        grecaptcha.execute('サイトキー', {action: 'homepage'}).then(function(token) {
            $('form').prepend('');
        });;
    });
});

このコードを先程作成したフォームの下に書き加えて完了です。

バックエンド

バックエンドはv2と変わっていないので下記記事を参考にしてみてください。

reCAPTCHAをPythonに導入してみる(v2)

最後まで読んでいただきありがとうございました!!!

増田拓海

増田拓海という名前で活動している中学生です。 現在、個人のプロダクトでThinkShareというWebサービスを開発・運営しております。 書ける言語はPython,JavaScript,Go(勉強中)です。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。