中学生でもクレジットカードブランドのカードを作る方法

こんにちは!増田拓海です。

今回は中学生でもクレジットカードブランドのカードを持つ方法を紹介したいと思います。

15歳ならデビットカード

もし15歳以上で銀行口座を持っていればデビットカードを作ることができます。

デビットカードとはクレジットカードブランドのVisa,MasterCard,JCBなどが入っていてそれぞれの加盟店で使えるカードです。

クレジットカードとの違いは、引き落とされるタイミングです。

クレジットカードは毎月決まった日に引き落とされますがデビットカードは口座から即時で引き落とされます。(クレジットカードは借金)

銀行によって年齢に制限があったり15歳でも中学生はダメッだったりと決まっているので、確認してみて下さい。


15歳未満でも作りたい!

15歳になっていなくても実は作れます。

プリペイドカードは前払式でクレジットカードと同じようにVisa,MasterCard,JCB等が入っています。

前払式なので予めチャージした範囲内での利用になります。

クレジットカードやデビットカードとは違い使えないサービスが増えてきます。

具体的に言うと、スマホ料金等の月額制のものやガソリンスタンド・ホテル等です。

用途は限られてきますが、普通に生活で使ったりゲームの課金で使ったりする分には問題ありません。

プリペイドカードは各ブランドのサイトに乗っているので調べてみてください。

Visaプリペイド|Visa

プリペイドカード|MasterCard

プリペイドカード|JCB

※JCBに関してはすべての情報がページ上に乗っていませんでした。

まとめ

クレジットカードブランドのはいったカードは中学生でも普通に作れるので、興味のある方は作ってみて下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました!!!

ビスケットで投げ銭

増田拓海

プログラミングをやっている中学生。(WEBApp,Python,JavaScript,HTML&CSS,SQL) twitter:@masuda_ta

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。